産後の骨盤の歪みについて

こんな悩みありませんか?

  • 出産後から腰が重い状態が続いている
  • 子供を抱っこすることで、肩こりを感じるようになった
  • 最近なんだか姿勢が悪くなったように思う
  • 産後、O脚になった気がする
  • 足にしびれが出るようになった

産後の骨盤の歪みの原因

妊娠後、時間が経過すると共に赤ちゃんは大きくなっていき、お母さんの重心は大きく変わっていきます。また、赤ちゃんが成長していくのに合わせてお母さんの骨盤も、その成長を支えるためにホルモンを分泌して開いていきます。

これらの身体の変化を敏感に感じ取り、身体はバランスを取ろうと無理をします。

通常とは違うバランスのまま長期間過ごさなければなり結果、身体は歪んでしまいます。その間、妊娠による運動不足から来る筋力の低下も合わさっている方も多く、現代のお母さん方の骨盤は開いている方が多い印象があります。

出産時の骨盤の状態

赤ちゃんを出産しやすくするために、身体は靭帯や筋肉などを緩めて少しづつ骨盤を広げて行き、出産時にピークを迎えます。

出産直後は骨盤が開ききっており、歩行などに支障をきたすので無理は禁物です。時間を掛けて元に戻っていきますが、上記でもお話通り筋力が低下していたりホルモンバランスが崩れていると完全には戻りません

そのままにしておくと痛みとして表面化したり、X脚・O脚といった外見上の異常につながっていきます。

ですので、産後は自身の体調を鑑みながら正常な形へとケアすることが望ましいでしょう。

産後骨盤矯正はいつから受けられる?

当整骨院の産後骨盤矯正では、出産から2~3ヶ月後を目安に施術をご案内させていただいております。

出産後からお母さんの身体からはホルモンが分泌され始め、自然と骨盤は閉じるようになっています。

ある一定の期間が過ぎるとホルモンバランスが元に戻ってくるのでそこから骨盤のケアを始めるとしっかりと改善していくことができます。

産後は結合している恥骨が違う方向に離れている状態になりやすいと言われていますので、腰の痛みが続いたり違和感を感じる際は早めにケアを行うとよいでしょう。

産後骨盤矯正の重要性

出産は、自然分娩や帝王切開どの様な形にも関わらず、お母さんの体には影響を与えます。

もちろん、出産時だけでなく、約10か月もの長期間に渡り自身のおなかの中で赤ちゃんを育てるわけですから、体には大きな負担がかかります。

また、お腹が大きくなる3~4か月以降では、うつぶせ寝がつらくなり、臨月に近くなるとあおむけ寝も、つらい状態になり、左右どちらかを向いた横向きの状態が多くなります。

そうなると、身体のバランスが左右にズレやすくなり背中や腰の痛みなどが出やすくなります。

お腹が大きくなってくると、腰を反ることが難しく背中や腰の痛みが出はじめ、痛みをかばう体勢を取るため、どうしても猫背がちになったりと姿勢に影響がでやすい状態になります。

姿勢が悪くなると、座り方や立ち姿勢にも悪影響を与え、更に骨盤をゆがめる原因となります。

骨盤のズレをそのままにしておくと、姿勢が悪くなり様々な痛みなどが出てきますので、出来るだけ早めにケアを行うことをおすすめいたします。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE