むち打ちについて

むち打ち・交通事故の怪我について

交通事故に遭うと必ずと言ってほど怪我を負います。
特に自動車対自動車の場合、多くの方がむち打ちとなり、放置すると長期間苦しむ方も多く見受けられます。
そして、むち打ちとは、実は正確な症状名ではありません。
実際には、以下のように症状名が付きます。<

  • 頚椎捻挫
  • 頸部挫傷
  • 外傷性頸部症候群

むち打ちは事故直後は自覚がなく、時間の経過につれて症状が強く出ます。
後遺症にならないためにも、正しい知識を持って改善する必要があります。

むち打ち症の原因と症状

むち打ちは、以下のような症状などが現れます。

  • 首の痛み・シビレ
  • 首の運動制限
  • 腕の痛み・シビレ
  • 腕の知覚障害、握力低下
  • 頭痛
  • めまい・ふらつき感
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 眼のちらつき・かすみ、眼精疲労
  • 倦怠感

むち打ちは、自動車が物と衝突した際に首が勢いよく鞭のようにしなって筋肉や神経を痛める、首の捻挫の事を指します。
事故当日は自覚症状がなく、2~3日ほど経過してから痛みを感じ始める場合が多くあります。

首周辺は重要な神経が集まっている部分ですが、むち打ち症はその重要な部分をダイレクトに痛めます。

痛め方によってはめまいや倦怠感、しびれ、頭痛など幅広い症状が出るため注意が必要です。

時間が経って症状が現れると、交通事故との関連性を結びつけることが難しく放置してしまうこともあります。
しかし、その結果後遺症となって長期間悩まされることもありますので、どんなに軽度な交通事故でも病院または整骨院でしっかりと改善していかなければなりません。

むち打ちの改善方法

むち打ちは、首の捻挫ですのでしばらくは過度な運動は避けるようにしましょう。
その間に、病院でレントゲンの撮影や診断書の作成を行うとよいです。医師と相談して湿布の種類も判断するとよいでしょう。

症状が軽く、湿布で改善する場合もありますが、めまいや頭痛、体調不良を感じたら整骨院に相談する事も忘れないでください。

整骨院は人間の骨と筋肉に熟知した専門家が、手技によりむち打ち症を改善に導きます。
筋肉や神経の異常はレントゲン等に映らない事が多く、また薬でも改善することは難しいです。


首部という、人間の重要な部分であることから、自身の知識だけで処置することは大変危険です。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE